休診日のお知らせ📢

お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?

新幹線などでは本日Uターンラッシュがピークを迎えてるようですね💦出られている方は気をつけてお帰りください。

  休診のお知らせです。

 誠に勝手ながら、8/20-8/22  は休診とさせていただきます。

8/23 からは通常通りの往診予定ですので、ご了承ください。

はなみず🌻💧

昨日に続いての雨☔️

昨日8月7日は『花の日』だったようで、水に飢えていた花にとっては恵みの雨となったのではないでしょうか🌻🌺

flowers

今回は猫に関して🐱

   犬においては狂犬病予防法があるため、健康だとしても毎年動物病院にかかっている子がほとんどかと思いますが、猫の場合にはそれも無いため、高齢になるまで動物病院にかかったことがほぼ無いという子も多いかと思います。

  そんな中、

猫の受診理由として、

単発症状、または他の症状に併発して

目やに鼻水といった症状でも多く往診しています。

   鼻炎症状も長期化すると治り難くなるのと、それが原因で食欲が低下し、徐々に体調を落とすことにもなりかねません。症状がみられたらなるべく早期に受診することをおすすめします。

  また、鼻炎症状の原因としてはウイルス、細菌、真菌、アレルギーなど様々ですが、特定のウイルスが原因の場合、ワクチンを接種しておくことで感染予防や発症した時の症状が軽減するケースもあります。

  先日、猫のパルボウイルスがニュースになっていましたが、病気をワクチンで予防できるなら、それに越したことはありません。(ワクチンによる副作用のリスクも考慮する必要はありますが)

  往診でもワクチンや定期健診にも対応していますのでまずはお気軽にご相談ください😊

友だち追加

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)

葉月🍉

やや過ごしやすく感じたのも束の間、本日も猛暑日☀

うちの猫も、暑さのせいかビヨーンとなっていました😊

catginno

先日往診先で伺ったところ、

最近テレビで度々、カキ氷専門店が特集されているとのことで、

非常に気になります🍧

こんな猛暑日には納涼のため行ってみたいところです🎐

 

ところで、

犬猫の熱中症予防に際して、

水をきちんと飲むことは非常に大切です 💧

  • 散歩時の小まめな水分補給
  • ご自宅の飲み水入れが空になっていないかのチェック

は欠かさないようにしてください。

あと、注意が必要なのが

病気の症状でお水をたくさん飲むようになることもあります。

病気の症状として、お水をたくさん飲む病気の例😷

  • 腎不全
  • 副腎皮質機能更新症
  • 糖尿病
  • 子宮蓄膿症

「暑いからお水をたくさん飲んでるのね」

と思って見過ごしていたら、実は病気の症状だったという事も往々にしてあります。

  • 涼しい時間帯でも異常に水を飲む
  • あげたらあげた分だけ飲み干す

などがみられたら病気の症状かもしれませんので、早めにご相談ください。

友だち追加

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)

病理検査セミナー📝

 猛暑の日々が続いたかた思えば、今度は台風12号が勢力を強めながらこちらに向かっているとのことで、引き続き空模様には注意したいところです⛅

 昨夜は、川崎の 日本動物高度医療センター(JARMeC)🏥 にて、病理専門医の先生による病理検査セミナーに参加してきました。

jarmec-night日本高度動物医療センター(JARMeC)

*夜遅くなので建物の輪郭くらいしか分からないですが、大変立派な建物です。

病理検査とは

 体にできた腫瘍などから、注射器での吸引や手術によって組織や細胞を採取し、病気の診断を目的として顕微鏡を用いて行う検査です。

 腫瘍は、

脳、目、口、鼻、喉、胃腸、肝臓、脾臓、膵臓、腎臓、膀胱、精巣、前立腺、乳腺、子宮、骨、皮膚、血液

などあらゆる部位で発生し、

かつ、

その腫瘍が

良性か悪性か、悪性であればどれくらいの悪さなのかなどといった分類まであり、

その全容は多岐に渡るため、

診断には豊富な専門知識・経験が必要です。

 そのため一般に、動物病院や往診で組織や細胞を採取したのち、診断は病理専門医に依頼します。

往診では手術はもちろんしませんが、注射器での腫瘍の細胞採取や腹水採取などもすることがあるので病理専門医の存在は、まさに須要です。

 こちらは避けたいところですが、まだまだ暑さは続くようです。 熱中症には引き続きお気をつけください。
友だち追加

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)

 

ペット関連サイト 『ペトこと』Part3📝

前前回の『高齢犬』、前回の『ペットの往診』に関する記事に続き、3回目になりますが、
オーナーさん向けサイトである『ペトこと🐶🐱』⇨にてペットの終活に関する記事(書き出しのみ以下に表示)を寄稿しましたのでよろしければご覧ください😃

近年、「終活」という言葉をマス・メディアでよく耳にします。終活といえば、自身の最後に向けて葬儀や相続など、もろもろの準備をしていくことですが、ペットにおいても、ご家族で最期について一度考える機会をつくってみてはいかがでしょうか? もちろん愛するペットとの別れは、いつか来るとは分かっていても考えたくないものです。そのため、多くの場合、いざその時が来た際に、何をしたら良いのか分からず、慌てて調べることになります。

 

petokoto3

ペット葬儀の流れや準備を獣医が解説 火葬場の選び方からトラブル回避の注意点まで⇨

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)

マイクロチップ💳

 西日本で発生した集中豪雨にて甚大な被害が出ているという情報に接し、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

また、被災者の人や動物たちが1日でも早く平穏な生活に戻れるよう、お祈りいたしております。

 

災害に関して一点、

マイクロチップについてですが、これまで何人かのオーナーさんに

「うちの犬はマイクロチップをつけているから、山で迷子になっても大丈夫」

といった話をされたことがあります。

これは誤解です。

マイクロチップは15桁の個体識別番号(マイナンバーのようなもの)を一頭一頭に与えるものであって、

GPSGlobal positioning system:全地球測位システム)のように、迷子になっても追跡できるものではありません。

ただ、

マイナンバーのように身分証明が可能なので、

保護センターや保健所、動物病院などで保護された際に、マイクロチップリーダーを用いて識別番号を確認することで、ご家族特定の一助になります。

マイクロチップは、

『動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)』の第7条第3項にて

”動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物の逸走を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。”

とあり、義務化はされていませんが必要な処置の一つとして、装着が推奨されています。

迷子になるのは、数年に一度の天災に限ったことではありません。

以前大型犬で、普段家の中でしか過ごさないけど、雷の音でパニックになって家を飛び出し、迷子になってしまったという子もいました。

迷子対策として

  • 鑑札(犬)
  • 狂犬病予防注射済票(犬)
  • 首輪や迷子札
  • マイクロチップ

など、日常的にしておくことをお勧めします。

熱中症に注意を🎐

こんな値も出るんだと、朝から湿度計を見てビックリです😲湿度計

久しぶりに晴れましたが、なかなかの湿度です🐳

今の季節、「熱中症が心配だから、、、」ということで愛犬の散歩時間を、涼しい早朝や夕方にずらされている方も多いのではないのでしょうか❓

〜熱中症〜

高温多湿で風通りの悪いところ、例えばエアコンのついてない締め切った部屋や車の中で長時間過ごしたり、そのような環境で激しい運動をすると、体温がどんどん上昇していきます。

そして、体温が上がりすぎると体温を調節する機能がいうことをきかなくなり様々な症状を起こします。

さらに、高温状態が長引けば多臓器不全を起こし命にも関わってきます。

明らかに体が熱くてかつ、次のような症状がみられたらすぐに受診することをおすすめします。

  • 苦しそうにハァハァする
  • ぐったりして元気がなくなる
  • 意識がうすれる

日差しの強い日中のアスファルトの照り返しも、地面の直ぐそばを歩く犬にとっては熱中症の大きな要因になります。

真夏日に散歩する時は、くれぐれも水を十分飲ませてあげたり、こまめに日陰で休むよう心がけてください😊

友だち追加

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)

超音波検査セミナー📝

  先週は、お世話になっている動物病院での腹部超音波セミナーと、日本大学での心臓超音波セミナーに其々参加してきました🏫

日本大学アニマルメディカルセンター

超音波検査は心臓、肝臓、脾臓、腎臓、膀胱、子宮、前立腺、副腎、消化管など、あらゆる臓器の病変をリアルタイムで知る上で欠かせない検査です🔍

往診でも超音波検査はしていますが、

ポータブル検査機器であること、保定 (動物を検査の体勢に保つことで、通常動物病院では動物看護師さんがやってくれます )が充分にできないことから、検査精度には限りがあります。

ただ、その中でも知識や技術を高めていけば、ある程度の診断は可能になります。

今回の学びも、今後の往診で生かしていきたいと思います😌

心臓エコー

心臓の超音波検査画像

友だち追加

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)

 

図書館にて📚

cloud1

雨のち曇り

梅雨ですね🌧

先日図書館にて、

ふだん往診している犬猫の本ではありませんが、、

『 最期のトキ~トキの保護にかけた人びとの記録~ 』 

   著: 国松俊英  出版:金の星社

という本がふと目に留まり、借りて読んでみました。

2003年に絶滅してしまった日本の野生産トキの最期の一羽、「キンちゃん」にまつわるお話です。

トキが絶滅危惧種に至るまでの歴史や、トキを守ろうと尽力された方々の記録です。

1998年に出版された本なので、その後キンちゃんが亡くなったという未来は当然描かれていません。

2003年にキンちゃんが亡くなったという既知の現実から、切ない気持ちにもなりましたが、

本著のあとがきに

『たった一羽のトキから私たちが学び、考えていくことは、いっぱいあるように思います』

とあるように、日常的に動物の生死に関わる獣医師としても、考えさせられる1冊でした。

 偶然ですが、、、本を読み終わってふと見た雲が  トキ でした❗❗😉

cloud3

この辺がトキ!?

友だち追加

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)

 

猫腎不全セミナー参加📝

先日、川崎市医師会館にて、東京大学医学系研究科教授の宮崎先生によるセミナーに参加してきました。
現時点ではまだ研究段階の話ではありますが、猫の腎不全、ひいては人の医学にとっても画期的治療になりうる薬の講演でした。

川崎市医師会館

川崎市医師会館

腎臓は尿を作って老廃物を体外に出したり、体内の水分量や電解質(ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)調整、血圧を調整するホルモンや赤血球産生を調整するホルモンを作ったりと、その役割は多岐に渡ります。

そのため腎不全では多尿や乏尿だけでなく、食欲低下、嘔吐、神経症状などの全身症状も生じます。

特に猫では腎臓の疾患は多いため、寿命を左右する一大臓器と言っても過言ではありません。

往診でも腎不全の猫の患者さんを多くみています。

専門の研究者の方々による新薬開発に期待しつつ、現時点で在宅で出来うる最善の治療を提供していきたいと思います。zizioshin2

腎不全を患い定期的に皮下点滴を受けるジジくん(触診中)

友だち追加

ホームズ動物往診所
新百合ヶ丘(川崎市麻生区)を中心とする往診専門の動物病院
診療エリア:神奈川県(川崎市横浜市相模原市など)、東京都(稲城市町田市調布市府中市狛江市多摩市世田谷区など)